妊娠中の「便秘解消茶」選びには注意が必要です

tea-459339_640

「便秘解消茶って妊婦が飲んでも大丈夫なの?」
「どんな成分が入っているの?」
「安全に便秘解消できるお茶が知りたい!」

当サイトでは、
「妊娠中に飲んではいけないお茶」や、
「妊婦の便秘解消に良いお茶」など、

商品別に原材料や成分をひとつひとつチェックして、それぞれが妊婦さんの体にどのような影響があるのかを、わかりやすくご説明しています。

 

妊娠中は口に入れるものに気を使いますし、安全性も確認したいですよね。

管理人も妊娠・出産を経験していますので、その気持ちとても良くわかります。

 

インターネット通販などでは、

妊娠中は摂取を控えるべき商品でも、その注意書きがどこにも書かれていない。

ということが、実際にあります。

 

キチンと「妊婦さんは飲めません」と表示してある商品は良心的なほうなのです。

 

ですから、
妊婦さんが便秘茶を選ぶ場合は、

「妊婦さんでも飲めます」
「妊娠中でも安全です」

と、しっかり表記されている便秘茶を選ぶようにしましょう。

 

表記されていない便秘茶は要注意。
成分をチェックする必要があります。

 

このサイトでは、
「妊娠中に飲んではいけない便秘茶」や、
「妊婦の便秘解消に良い、安全なお茶」について、解説いたします。

 

商品ごとに、原材料や成分をチェックして、徹底的に調べました。

「便秘解消茶」購入前の参考にしていただければ幸いです。

 

>>妊娠中に飲んではいけない便秘茶

>>場合によってはOK?な商品

>>妊娠中もOK!安全な便秘茶

 

妊娠中も安全な便秘茶 人気ランキング

rank1_aカイテキオリゴ【習慣化した頑固な便秘に◎】

origo2013-02-01_095058rader_001

好きなお茶や飲み物にスプーン1杯入れるだけで、手軽に美味しく続けられ、口コミでの実感度はトップクラス。

とにかく今すぐ便秘を
なんとかしたい方に向いています。

妊婦さんにも赤ちゃんにも安全な数種類のオリゴ糖で作られていて、砂糖の変わりに使うことでカロリーオフもできます。

自然な形でどっさりスッキリできるところが人気です。

 


 

rank2_aするっと抹茶【食物繊維や葉酸がたっぷり】

2013-05-16_111248px350rader_002

普段の食事だけでは摂取しにくい、
「水溶性食物繊維」で作られたお茶です。

天然のビタミン・ミネラルが豊富で、
妊娠中に必要な葉酸・カルシウム・鉄分も
たっぷり含まれています。

妊娠中に不足しがちな栄養も
一緒に摂りたい方に向いています。

栄養補給の役割も兼ね備えた、
まさに妊婦のための便秘解消茶といえます。

頑固な便秘のママさんは、
1位のはぐくみオリゴとセットで使用されています。

 


 

rank3_aたんぽぽ茶【コーヒーがお好きな方に】

2015-03-13_165112px350rader_003

コーヒーのような風味があるお茶です。

妊娠中、
ノンカフェインでコーヒーを楽しみたい方
にも愛されています。

麦茶やほうじ茶に比べ、
ビタミン・ミネラルが豊富です。

たんぽぽの根の利尿作用によって、
むくみの解消や、母乳の出が良くなる効果もあり、授乳中にもよく飲まれています。

甘みにはオリゴ糖を使用すると効果倍増が期待できます。

 

 


妊婦さんの7割の方が便秘に悩んでいるといいます。産科では安易に大腸刺激性の薬を出す医者もいるようですが、大腸刺激性下剤は妊娠中の体にリスクを伴うものです。さらに怖いのは同じ作用のある下剤成分を含んだ便秘茶が多く存在することです。安全な便秘茶もあるのに、誤って高リスクなお茶に手を出すことのないよう気をつけていただければと思います。大切な赤ちゃんのためにもどうか「安全な便秘茶」で便秘を解消し、日々健やかにお過ごしくださいね。


 

便秘による体への悪影響とは

014481
苦しくなるまで放置しがちな便秘ですが、便秘になると体にはどういった影響がでてくるのでしょうか。

 

私たちの体は食べ物を食べ、それを消化し必要な栄養を吸収し残ったものを便として排出します。
つまり、便は必要なものを吸収し終わったいらないものなわけです。

 

これが腸内に長く留まっていると、腸内で腐敗し悪玉菌がどんどん増えてしまいます。
悪玉菌は体にはよくない影響を及ぼす硫化水素やアンモニアのような毒素を発生させます。

 

この毒素は腸壁から吸収され血液内へ取り込まれてしまいます。
便秘になると頭痛や肌荒れが起こるのはこの毒素が原因です。

 

また、便は体で吸収された老廃物や毒素を体の外へ排出する大切な役割を持っていますので、便がうまく出ないことにより毒素だけでなく老廃物も溜まってしまうため、だるくなったり疲れやすくなったりします。
血行も悪くなってしまうので冷えやむくみ、肩こりの原因にもなります。

 

また妊婦さんに多いのは、痔になってしまうケースです。
便が硬くなり、排便のときに無理な負荷がかかり切れ痔になってしまう人がいます。
切れ痔以外にも妊婦さんはお腹が圧迫されていることもあり、いぼ痔になってしまう人も多いです。

 

痔になると、トイレに行くたび痛い思いをするので、ますます便秘を悪化させてしまいますね。
まさに便秘は百害あって一利なし。
早め早めに対策するようにしましょう。

 

 

妊娠中の便秘薬の副作用について

妊娠中 便秘薬 副作用

便秘薬に頼ることがなぜいけないのか。
便を出さない方がよっぽど体に悪いのでは?と思われる方もいるかと思います。

 

確かに腸にずっと停滞した便を放っておくと肌荒れ、頭痛、痔、精神的にイライラするなどの悪影響を及ぼします。

 

しかしながら、薬を使った時は出たとしても、次回では前回の薬の刺激では足りず、より強い刺激ではないと出なくなる、そのため薬の量を増やすといった悪循環になってしまうのです。
結果、自然に出すことができず、薬が手放せなくなります。
これが、薬の副作用と言えます。

 

私も妊娠前は、便秘薬を飲んでいました。
確かに薬を飲むと今までたまっていた物が出てすっきり、楽になることができました。
しかし、妊娠してからは、薬に頼りたくなかったので、健康的な方法を必死で探したものです。

 

もし薬を飲むのでしたら、担当の先生に相談して処方してもらいましょう。
市販の薬は子宮を刺激するものもあり、流産や早産の原因になる可能性があるので、安易に自分の判断で飲まないようにしてください。

 

便秘薬には副作用があることを忘れずに、なるべく運動や食事などの方法を試して、薬は何をしても出ない時の最終手段にしましょう。