ごぼう茶は妊娠中NGですが授乳中・乳児にはオススメです

2014-07-17_095535

 

ごぼう茶は、その名のとおりごぼうで作られたお茶です。

普段食べる食材から作られているので、

一見安全なイメージですよね。

 

しかしながら、漢方の考えでは、

ごぼうは子宮や卵巣の収縮・刺激作用があるとされ、

妊婦禁忌のものと言われています。

 

とはいっても、

妊娠中にごぼうを食べてはいけないという話は聞いたことがありませんし、

妊娠中にノンカフェインのごぼう茶を飲んでいる方は

たくさんいらっしゃいます。

 

本当のところはどうなのでしょうか?


通常、ごぼうを食材として食べる分には、

過剰摂取の心配は少ないですが、

 

生薬、漢方薬として使用される場合は、

粉末化したものを1日3回毎日飲用するため、

妊婦さんにとっては取り過ぎになるという可能性が考えられます。

 

同じ理由で、妊婦さんはごぼう茶も

飲み過ぎには注意したほうがよいでしょう。

 

授乳中のママや、乳児には安全と言われています。

母乳の出が良くなったり、

授乳中の乳腺症を改善、予防することができ、

産院でも支給していることがあります。

 

乳児の水分補給にもよく使われていて、

乳児の栄養補給や便秘対策に向いているお茶です。

 

ごぼう茶は食物繊維、ミネラル、サポニンを豊富に含むお茶で、

便秘解消・肥満改善・むくみ解消・風邪予防・

利尿作用・動脈硬化改善・高血圧改善・大腸ガン予防などの効能を期待できます。

 

授乳中の便秘対策、赤ちゃんの便秘対策には、

非常に優れているお茶といえます。

 

授乳中のママ、赤ちゃんの水分補給に

>>有機国産ごぼう100%【粉末ごぼう茶 恵巡美茶】



 

妊娠中の体に良い飲み物をお探しの方へ

▼母乳育児にオススメ(ノンカフェイン)

▼鉄分、カルシウムなどミネラル豊富(ノンカフェイン)
ルイボスティー