妊娠中は避けたいカフェインの多いお茶

カフェインの多いお茶

コーヒーや紅茶にカフェインが多いのは有名ですが、
お茶にもカフェインが多く含まれているものがあるのはご存じでしょうか?

妊娠中はなるべくカフェインを避けたいので、
ここではお茶に含まれるカフェインの含有量をご紹介します。

お茶のカフェイン含有量

種類 1杯の容量(ml) カフェイン含有量
(mg/杯)
100ml中の
カフェイン量
玉露 150 150 120
抹茶 150 45 30
緑茶 150 30 20
ウーロン茶 150 30 20
ほうじ茶 150 30 20
玄米茶 150 15 10
麦茶 0 0 0
黒豆茶 0 0 0
ルイボスティー 0 0 0
たんぽぽ茶 0 0 0

玉露は、コーヒーや紅茶よりもカフェインが多く含まれています。
妊娠中には玉露は飲まないほうがよいでしょう。

抹茶も比較的カフェイン量が高めです。
妊娠中に飲むとしても、1日1杯程度にしておきましょう。

妊婦さんの1日のカフェイン摂取量はどれくらいなら大丈夫?

妊娠初期は、特に注意が必要です。
1日のカフェイン摂取量が100mg以上になると、自然流産率が高まるというデータがあります。

妊娠初期は、1日のカフェイン摂取量は100mg以下にとどめましょう。
自然流産の心配が低くなる、妊娠後期には少し緩めても大丈夫です。

カフェインが含まれる飲み物や食べ物は、コーヒー、紅茶以外にもいろいろあります。
あまり知られていないものもあるため、注意が必要です。

種類 容量(ml) 容量あたりの
カフェイン含有量(mg)
100ml中の
カフェイン量
玉露 150 150 120
コーヒー(ドリップ) 150 135 90
コーヒー(インスタント) 150 68 45
栄養ドリンク 100 50 50
抹茶 150 45 30
ココア 150 45 30
コーラ 350 35 10
チョコレート 100g 40 40

妊娠中にカフェインを控えたほうが良い理由

カフェインは、妊娠中には避けた方がよい成分です。
なぜなら、妊娠中の身体はカフェインの分解に時間がかかり、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんにカフェインが移行してしまうからです。

お腹の赤ちゃんは肝臓や代謝機能が未発達なため、カフェインを体外に排出することが困難です。
そのため、赤ちゃんの体や脳にカフェインが蓄積されてしまいます。
それが流産、早産、低出生体重児、発達障害の原因になると考えられています。

カフェインには中枢神経を興奮させる作用があるため、大量に摂取すると不眠、精神興奮、筋緊張、頻脈などの症状が出ます。

母体にも赤ちゃんにも悪影響があるため、妊娠中はなるべくカフェインは摂取しないようにしましょう。