たんぽぽ茶は妊娠中に嬉しい効果がたっぷり

たんぽぽ茶

母乳が出やすくなることで有名なたんぽぽ茶ですが、

妊娠中でも安心して飲むことができます。

 

たんぽぽの根には、便秘解消の効能があるといわれていて、

ヨーロッパではハーブティーとして、中国では漢方として、

昔から親しまれてきました。

 

たんぽぽ茶は、体を温めてくれたり、

むくみを改善する効果もあります。

 

たんぽぽの根は乾燥の方法や焙煎技術によって味が変わるため、

メーカーによってかなり味が違います。

あなたの口に合うものを探してみてくださいね。

 

 

たんぽぽ茶が向いている人

妊娠中の人・授乳中の人・妊活中の人・便秘の人・胃が弱い人・栄養バランスが気になる人・むくみを改善したい人

たんぽぽ茶の3つのメリット

妊娠中も安全で栄養が豊富

たんぽぽ茶には、強い下剤作用も、子宮収縮作用もありません。

むしろ、ホルモンを正常に保ち、妊娠しやすい体になることから、

不妊に効果があるという研究結果があります。

 

また、ビタミン・ミネラル・鉄分を豊富に含み、

妊娠中の栄養補給として、よく使われています。

 

カフェインもゼロで、妊娠中も安全に飲める便秘茶です。

 

妊娠中のむくみを解消・母乳の出が良くなる

たんぽぽ茶は、利尿作用が強く、便秘解消やむくみの解消に効果的です。

また、母乳の出がよくなると、授乳中のママにも人気があります。

 

体を温めて冷え性を改善、疲れやストレスの緩和にも◎

たんぽぽの根には体を温める作用があり、

冷え性の改善に役立ちます。

また、疲れやストレスを緩和する効果もあります。

 

たんぽぽ茶のデメリット

血圧を下げる働きがあるため、低血圧の人にはあまり向きません。

しかし、妊娠中は高血圧になりやすいので、

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の予防には最適です。

 

たんぽぽ茶の口コミ

母乳のために飲み始めましたが、頑固な便秘が良くなり、

調子がいいので3年くらい飲み続けています。

 


不妊に良いと聞き、妊娠前から飲んでいました。

妊娠前、妊娠中、授乳中と、長年愛飲しています。

赤ちゃんが授かったことはもちろん、

妊娠中の便秘にも良いし、母乳もよく出ていて、とても満足してます。

 

たんぽぽ茶の効果・効能

たんぽぽ茶には、とてもたくさんの栄養素が含まれています。

たんぽぽ茶に含まれる主な成分による効果・効能をご紹介します。

<ビタミンB2>
● 皮膚や髪、爪を健康に保つ
● 脂質や糖質の代謝を高める

<ビタミンC>
● メラニン色素の生成を防ぐ
● 免疫力を高める
● 動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞を予防する

<カルシウム>
● 骨や歯を丈夫にする
● 筋肉の働きを改善する
● 精神を安定させる

<鉄分>
● 血を補う
● 体の機能を高める

<レシチン>
● 動脈硬化を予防する
● 記憶力、集中力を高める

<コリン>
● 悪玉コレステロールを抑制する
● 高血圧を予防・改善する

<ルテイン>
● 粘膜中央部にある黄斑を正常に保つ
● 抗酸化作用

顧客満足度91%の美味しいたんぽぽ茶

ママチュレのたんぽぽ茶は、顧客満足度91%のたんぽぽ茶です。

他のたんぽぽ茶が口に合わなかった人でも、

これなら飲めると評判なので、

美味しいたんぽぽ茶を探している人はぜひ試してみてください。

 

▼ママナチュレの販売サイトはコチラから


 

たんぽぽ茶は一日にどれくらい飲めばいいの?

たんぽぽ茶

たんぽぽ茶は薬ではないので、回数を決めて飲む必要はありません。
食事中や、リラックスタイムなど、お好きなときにお好きなだけ飲んで大丈夫です。

母乳の出を良くするために飲む場合は、1日500mlくらいを目安に飲むと効果が感じられます。

たんぽぽ茶のおすすめの飲み方は?

たんぽぽ茶はあなたの好みに合わせて、いろいろな飲み方をすることができます。

・ホットで飲む
・アイスで飲む
・薄めて飲む
・ミルクを入れる
・はちみつやオリゴ糖などの甘みを加える

その日の気分や体調に合わせたり、お気に入りの飲み方を見つけて、

たんぽぽ茶でのリラックスタイムを楽しんでくださいね。