下半身の冷えを対策しよう

妊娠中 便秘妊娠中、体がポカポカすると感じたりしませんか?
実際、体温を測るといつもより高くなったりしますが、これはホルモンの関係で体温が上がっているからなのです。

 

しかしポカポカするのは上半身だけで、実は下半身は冷えているのです。
妊娠中はホルモンが崩れやすい時期、自律神経が乱れ体温調節がうまくおこなえないので下半身の冷えがひどくなるというわけです。

 

この下半身の冷えにより内臓の動きも悪くなり、便秘になりやすくなります。
その他にも、お腹が張りやすくなる、足がむくむ、難産になるといった体の不調が出ます。

 

冷えをとる方法としては入浴をすること、ストレッチや運動で血行を良くする、腹巻をするなどがあげられます。

 

また外から温めるだけではなく、中からも温めると効果が高まります。
オススメなのが生姜を摂ることです。
生姜には基礎代謝を高めるといった効果もありますので、活用したい食べ物です。

 

また逆に、生で食べる野菜などは体を冷やしてしまいますので、生野菜を大量に食べることは控え、火を通したものも食べるようにしましょう。

 

このように体の中と外から温めることで、効果的に冷えを対策することができます。
日頃から体を冷やすのはよくないと言われますが、特に妊娠中は冷えに気をつけて生活して欲しいと思います。