妊娠中の便秘は痔になりやすい

妊娠中 便秘 痔
痔は男性に多いと思っていませんか?
実は女性の方が多いという統計があります。
特に、妊娠や出産を機に痔になってしまうという女性がたくさんいらっしゃいます。

 

出産未経験の女性だと2人に1人、
妊娠を経験した女性では実に7割の方が痔に悩んでいるのです。
特に妊娠中に痔になってしまう女性の割合の多さに驚きます。

 

痔は多くの女性の密かな悩みになっているようです。

 

痔を患うと、排便の時の痛みが苦痛ですし、
ひどい人は、椅子に座るだけで激痛が走ることもあります。

 

妊娠すると、痔になりやすくなる理由があるんです。
妊娠すると下半身、特に肛門周辺がうっ血しやすく、
そこに便秘などのさまざまな負担がかかり、痔になってしまうというわけです。

 

なるべく便秘はしないようにするのはもちろんですが、
下半身のうっ血をなくすために軽い運動で血流を良くすること、
入浴で肛門を清潔にしておくことも、痔を予防するのに大切なことです。

 

もし痔になってしまったら、我慢しないで担当の先生に相談してください。
痔に効く塗り薬など処方してもらいましょう。

 

妊娠中はただでさえ体の変化で大変な時、
便秘や痔に悩まされない生活を心がけるようにしたいですね。