妊娠中のNG成分【クコ葉】

2016-08-18_012805

クコ葉は名前の通りクコの実の葉です。
クコの実といえば杏仁豆腐の上にのっているイメージが強いでしょうか。
その他クコ酒やドライフルーツなどとしても利用されています。

クコはナス科の植物で、その実、葉、根皮は漢方で生薬としても使われています。
血圧やコレステロールを下げる効果、肝機能を改善する効果、
疲労回復、肩こり改善、便秘改善などの効果が期待できます。

クコ茶にはカフェインも含まれていませんし、
便秘改善なども期待できるのですが、妊娠中は飲むのをオススメできません。

クコにはベタインという成分が含まれていて、
このベタインには月経を促進する効果があるんです。

ビタミンやミネラルが多く含まれスーパーフルーツとして人気があるクコなのですが、
妊娠中は避けるようにしましょう。

クコ茶はブレンド茶の中に入っていることもありますので、
ブレンド茶を飲むときは注意しましょう。